庭の雑草対策~砂利・剪定・雑草抜きなどの基礎知識~

庭は常に綺麗にしましょう 庭は常に綺麗にしましょう

一般的な庭の雑草対策を紹介

草刈り道具

雑草や木の枝は、抜いても剪定しても時間が経てば伸び続けます。そのため、根本的な対策が必要になってきます。ここでは、そんな庭の雑草対策について紹介していきます。

一般的な庭の雑草対策

草刈り(手作業)
一番費用がかからないのが、手作業による草刈り作業です。この方法は、根本まで掘り起こして雑草を取るので、庭の雑草対策の中でも根本的な解決に繋がります。しかし、作業量はかなり多く、非常に手間がかかります。
草刈り(草刈り機)
草刈り機を使っての雑草対策は手作業よりも効率的に行なえる他、仕上がりも均一にしやすいです。そのため、庭の景観を綺麗にするのにうってつけなのですが、雑草を根本まで引き抜くわけではないため定期的な作業が必要になります。
熱湯をかける
低コストでお手軽に雑草の処理をしたいのなら、熱湯を使った処分がおすすめです。料理の最中に沸騰したお湯を捨てる時に雑草にかければ枯らすことができます。しかし、根本までお湯が浸透するのは難しいので草刈機と同じく定期的な雑草対策が必要になります。
除草剤を使う
除草剤は、お湯よりも効果的に雑草を枯らすことができます。近年では、人体に無害な除草剤も多く発売されており、健康面に問題なく使用することは難しくありません。しかし、使用する際は除草剤を使用する時の注意点をよく読んでから使用しましょう。
庭砂利や防草シートを使う
防草シートあるいは砂利を敷けば、雑草が育たない環境にすることができます。どちらも日光を遮断し、雑草の生育をストップさせることができます。特に砂利は敷き詰めることで雑草が生える隙間をなくし、種が地面に入る隙間もなくせるため、敷いても雑草が発芽するというリスクをなくすことができます。どちらも併せて行なうことで、雑草が生えるリスクを最大限減らすことができます。

庭の雑草対策で庭砂利を敷くメリット

ここでは、上記した砂利についてもう少し掘り下げて説明しましょう。庭の雑草対策に砂利を敷くというのは、上で説明した他にも様々なメリットがあります。

庭砂利で庭の雑草対策をした人の体験談

専門知識がなくても道具あればできる(30代/男性)

砂利敷きは一見難しそうですがその工程は非常に簡単です。まず雑草を全部処分した後、そこに砂利を撒き、転圧(押し固めること)を行なえば、それでもう作業は完了です。転圧には若干体力が必要ですが、専門知識がなくても誰でも行なうことができます。なお、転圧は足で踏み固めても効果はあまりありませんので、転圧用の道具を使用しましょう。これは自作することもできますが、不安な場合は購入した方が良いです。

洗濯物が土埃で汚れない(40代/女性)

雑草対策で砂利を敷いたのですが、思いがけないメリットが生まれました。それが、土埃が立たないということです。うちは風が吹くと土埃で洗濯物が汚れてしまうこともあり、洗濯物を干すのに若干不便だったのですが、砂利を敷いてからは土埃がほとんど発生しなくなりました。お陰で洗濯物にジャリジャリとした砂が付着していることもなく、洗濯のし直しをすることがなくなりました。

庭木の剪定・伐採をしている業者でも庭砂利を敷いてくれる(70代/男性)

庭木の剪定をしてもらっている業者さんに、防犯砂利をしてみてはいかがかと勧められたので検討し、思い切って頼むことにしました。砂利の音が泥棒よけになるらしく、見た目も非常に好みの庭になりました。何より雑草抜きの心配をしなくなったというのは嬉しいです。また、お陰で庭のお手入れにかかる時間は大幅に減り、庭木の剪定のみを頼むことが殆どになりました。

TOPボタン